いなせな微熱

作詞:由紀犬 作曲:由紀犬


つかんで離さない
いなせな微熱

 

思い出してみたよ
ふたり歩いた道と
勇気が足りなくて
飲み込んだ言葉

 

胸を締め付ける
まぼろしの正体は
追いかけて離さない
いなせな微熱

 

「これで良かった」
なんて嘘で
色のない空は
今日もきれいで

 

今でも僕はきみが
好きでたまらないけれど
なんでもないような顔して
何とかうまくやってます

 

今ではきみの知らない人と
歩んでいるけど
涙はこぼさないで
何とかうまくやってます

 

振り絞ってみたよ
記憶の中の音色
時間が足りなくて
未完成なまま

 

すべを知らなくて
飛び立てずにいたのは
悲しい歌じゃない
いなせな微熱

 

「正しい答え」なんてなくて
色付いた声は空を染めてく

 

ふとした時にきみが
そばにいるような気がして
なんにもないような街でも
生きていけると思った

 

今ではきみの知らない歌を
歌っているけど
涙はこぼさないで
生きていけると思った


今でも僕はきみが
好きでたまらないけれど
なんでもないような顔して
何とかうまくやってます

 

今ではきみの知らない人と
歩んでいるけど
涙はこぼさないで
何とかうまくやってます

 

ふとした時にきみが
そばにいるような気がして
なんにもないような街でも
生きていけると思った

 

今ではきみの知らない歌を
歌っているけど
涙はこぼさないで
生きていけると思った