テセウスの船
作詞:由紀犬 作曲:由紀犬


元の僕はいないよ

 

いつの間にか時は過ぎ
僕の体 入れ替わった
なんにもないような日々で
僕の心 入れ替わった

 

まだ見たことない世界を求めて
流れ落ちた涙さえも忘れてしまう

 

そうさ

切り取ってつないで
痛んだとこは捨てましょう
心地よい想いだけ
かき集めた船

もう ばらばらに砕けて
塗り固めた明日に
元の僕はいないよ

 

気に入らないものすべて
視えないように 聴かないように
都合の悪い記憶は
すり替えてく 書き換えてく

 

見せかけの未来 偽りの笑顔
辿り着いた海に問いかけるパラドクス

 

きっと

君と一緒になら
失くしたものを探せると
気付いた時にはもう
船は戻れない

ただ一つだけ残った
言葉を胸に抱いて
今日の僕は何処へと

 

ゆらめく陽炎 音のない景色
同じ時は二度とないと知っていました

 

涙乾かす潮風が
痛んだとこに染み込んで
気付いた時にはもう
船は戻れない

 

切り取ってつないで
痛んだとこは捨てましょう
心地よい想いだけ
かき集めた船

もう ばらばらに砕けて
塗り固めた明日に
元の僕はいないよ

 

いつの間にか時は過ぎ
元の僕は いなくなった